2010年04月27日

路上強盗を現行犯逮捕 大阪・福島(産経新聞)

 23日午前1時半ごろ、大阪市福島区福島の路上で、近くに住む自営業の女性(27)が帰宅中、後ろから近づいてきた男にかばんを奪われそうになった。男は、かばんを抱えてしゃがみ込んで抵抗した女性をけるなどし、逃走した。

 女性の叫び声を聞いた近くの男性(33)ら2人が約70メートル先で男を取り押さえ、駆けつけた警察官が男を強盗致傷容疑で現行犯逮捕した。女性は顔などに軽いけがをした。福島署によると、男は自称、兵庫県尼崎市今福の無職、阪口秀樹容疑者(37)。

普天間移設 政局流動化の発火点に 社民反発、連立離脱も(産経新聞)
患者・家族への支援活動を顕彰−脳卒中協会が「サノフィ・アベンティス賞」(医療介護CBニュース)
沖縄戦「集団自決」記述は継続審議 歴博が検討委 (産経新聞)
JR福知山線脱線事故 前社長認否まで進まず 第2回公判前整理手続き(産経新聞)
舛添氏「参院で発言力を持てる数字目指す」(産経新聞)
posted by ヤザワ タダハル at 02:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

交際相手による児童虐待死 明かせぬ母親たちの心理(産経新聞)

 堺市堺区の岩本隆雅(りゅうが)ちゃん(1)虐待死事件で、母親(21)が大阪府警の事情聴取に対し、交際相手の無職、古田島昂志(こたじま・たかし)容疑者(23)=傷害致死容疑で送検=の存在を当初は明かしていなかったことが21日、捜査関係者への取材で分かった。泉大津市の虐待事件でも、母親(26)が、傷害容疑で逮捕された同居男の虐待を周囲に隠していた形跡がうかがえる。専門家は「交際男性との関係を壊したくないため、わが子への虐待を打ち明けられない心理が背景にあるのではないか」と指摘する。

 ■捜査員も気づかぬ「男の存在」

 関係者によると、堺市の事件では、母親は頭をけがした隆雅ちゃんを連れ4月3日に病院で受診した。その際、母親は「1人で子供を育てている。虐待はしてない。同居人はいない」などと説明、古田島容疑者の存在は明かさなかった。

 隆雅ちゃんが死亡した14日に救急隊員を呼んだ際にはドアに鍵をかけ、母親1人で対応。玄関先から隆雅ちゃんを搬送した救急隊員は、部屋にいた古田島容疑者に全く気がつかなかったという。この日の府警の事情聴取でも、捜査員が近所の聞き込みを手がかりに質問するまで古田島容疑者の話をしようとしなかった。

 捜査関係者によると、古田島容疑者は1月、母親と内縁関係になり、隆雅ちゃんと3人の生活を始めた。同居直後から「しつけ」として隆雅ちゃんの頭をたたくなどしていた古田島容疑者に対し、母親は「怒るときは私が怒る」と一度は抗議したが、虐待を周囲に打ち明けることはなかった。

 府警によると、古田島容疑者は「子供の世話で鬱憤(うっぷん)がたまっていた。自分で自分を止められなかった」と供述。「母親も手を出していた」とも供述しているという。

 一方、泉大津市で4歳の女児が無職、内田優容疑者(26)=傷害容疑で逮捕=に殴られ、けがをしたとされる事件でも、母親は、内田容疑者の暴行2日後に女児の顔のあざに気づいた市立保育所の保育士に対し、「実家に預けたときにできたのかな」などと説明していた。

 捜査関係者によると、母親は内田容疑者の暴行直後にあざに気づいていたというが、周囲には相談していなかった。不自然だと感じた保育士が事情を聴くうちに内田容疑者と同居していることが判明。あざも内田容疑者の暴行によるものと分かり、「そういう状態では(女児を)一時保護せざるを得ない」と説得した末、ようやく母親は「実は(内田容疑者に)私も暴行を受けている」などと打ち明けた。

 碓井真史・新潟青陵大教授(社会心理学)は「母親は交際相手との関係を壊したくないあまりに、虐待から子供を守れず、周囲にも打ち明けられなくなっていたのではないか。なかには、交際相手に気に入られようと、一緒になって虐待をしてしまう事例もある。こうした家庭が孤立しないよう親族や行政の一層の配慮が必要だ」と話している。

      ◇

 泉大津署は21日、傷害容疑で内田容疑者を大阪地検岸和田支部に送検。内田容疑者は午後0時半ごろ、両手で顔を覆うようにして車に乗り込み、泉大津署を出た。

【関連記事】
息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待
愛されなかった過去 親への憎しみが自分の娘に
止まらぬ虐待、愛されなかった過去…
小さな体はミイラのようだった…ネグレクトの果てに
泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

岡部まり氏「国民の秘書になる」…正式に参院選出馬表明(スポーツ報知)
橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で 新党なら舛添氏応援 (産経新聞)
<傷害>小3長男殴る…容疑の父逮捕 広島県警(毎日新聞)
<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
「愚かな総理かもしれません」と首相 米紙の報道に(産経新聞)
posted by ヤザワ タダハル at 01:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

宮崎県の官製談合、前知事側の控訴棄却(読売新聞)

 宮崎県発注の業務を巡る官製談合・贈収賄事件で、事前収賄や競売入札妨害(談合)などの罪に問われた前知事・安藤忠恕(ただひろ)被告(69)の控訴審判決が15日、福岡高裁宮崎支部であった。

 榎本巧裁判長は懲役3年6月、追徴金2000万円の実刑を言い渡した1審・宮崎地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 控訴審で、弁護側は1審に続いて無罪を主張。さらに逮捕後のストレスが原因で安藤被告が狭心症などを患ったとの診断書を提出し、「健康状態が悪化している」として裁判所が有罪と認定した場合は執行猶予付きの判決を求めていた。検察側は控訴棄却を主張した。

 安藤被告は悪性リンパ腫治療のため宮崎市の病院に入院しており、この日は出廷しなかった。

 昨年3月の1審判決によると、安藤被告は2003年7月、政治指南役だった元国会議員秘書(72)(懲役1年の実刑確定)と共謀し、元測量設計会社社長(60)(懲役3年、執行猶予4年の有罪確定)から宮崎県発注の測量設計業務の受注に便宜を図るよう頼まれ、報酬と知りながら2000万円を受け取った。さらに05〜06年の計3件の測量設計業務の入札でもこの会社が受注できるよう、元出納長(66)(懲役1年、執行猶予4年の有罪確定)らと共謀し、談合するなどした。

深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で(時事通信)
仙谷戦略相「首相退陣なら衆参同日選になる」(読売新聞)
JR京浜東北線一時運転見合わせ、御徒町駅で女性けが(産経新聞)
略称「日本」で波紋 後発の「たちあがれ」に「新党日本」が反発 (産経新聞)
【こども】砂場遊びの効用 自発的な遊びの中に意味のある変化(産経新聞)
posted by ヤザワ タダハル at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。